■大宮公園駅周辺地域景観まちづくり協議会 会則

(名称)
第1条 この会は、「大宮公園駅周辺地域景観まちづくり協議会」と称する。

(目的)
第2条 この会は、地域住民の参加による、大宮公園駅周辺地域の短期・長期にわたる景観まちづくりの推進を目的とする。

(活動内容)
第3条 この会は、上記の目的を達成するため、以下の活動を行う。
(1)大宮公園駅前地区の整備方向の検討、提案づくり
(2)長期的な景観まちづくり構想の検討、提案づくり
(3)必要な地区に関する「地区計画」「景観計画」「再開発」の検討、提案づくり
(4)上記に関する地域住民の意向把握のための活動
(5)まちづくりニュースの発行等、地域住民に対する広報活動
(6)その他、会の目的のために必要な活動

(会員)  
第4条 地域で居住あるいは事業を営む者で、会の活動に賛同して参加する者を会員とする。会員は総会での議決権を有する。
2 会の活動に賛同し支援する個人・団体を、賛助会員とする。
3 会員、賛助会員は、別途定める額の会費を納入する。

(役員等)
第5条 協議会の役員として、会長(1名)、副会長(若干名)、運営委員(若干名)、会計(1名)、監査役(1名)を置く。
2 役員は、協議会の総会で選任する。
3 協議会には、必要に応じて顧問、専門委員を置くことができる。
  4 協議会の事務の遂行のため、若干名による事務局を置く。

(役員の職務、任期等)
第6条 会長は会務を総理し、副会長は会長を補佐する。
2 運営委員は、会長、副会長、会計とともに、協議会の活動内容等を検討して、日常的に業務を推進する。
3 役員の任期は1年とし、再任を妨げない。

(総会)
第7条 総会は、会員、賛助会員および会が必要と認めた者で構成し、原則として年1回開催する。また、必要により臨時総会を開催することができる。
  2 総会は、会の運営に関する重要な事項について協議し議決する。
3 総会は、会員の1/3の出席によって成立し、出席会員の過半数をもって議事を決定する。

(運営会議) 
第8条 運営会議は、会長、副会長、運営委員および会が必要と認めた者で構成し、必要に応じて開催する。 
2 運営会議は、協議会の業務について協議・決定して会を運営する。

(部会)
第9条 協議会の活動を具体的に推進するため、必要に応じて部会を設けることができる。
  2 部会の活動方針、検討結果等は、総会、運営会議に報告して承認を得る。

(自治会との関係)
第10条 協議会は、その活動が地域全体の景観・環境整備のために重要な役割を担うことから、自治会の支援・協力を求めることができる。

(活動経費)
第11条 協議会の活動経費は、会員、賛助会員の会費、寄付金、さいたま市からの補助金、その他の収入等をもって充てる。

(事業年度)
第12条 この会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(その他)
第13条 この規約に定めるもののほか、協議会の活動に必要な事項は、総会、運営会議で協議して決定する。